VW『ID.3』は部分自動運転が可能に、今夏欧州発売へ…導入記念車は完売

自動で車線変更を行う「トラベルアシスト」設定

2種類のスタイルパッケージ

1枚のカードで欧州15万か所の充電ステーションを利用可能

フォルクスワーゲン ID.3 の1STスペシャルエディション
フォルクスワーゲン ID.3 の1STスペシャルエディション全 21 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは、現在開催中のバーチャルモーターショーにおいて、今夏欧州で発売する予定の新世代EV、『ID.3』(Volkswagen ID.3)のオプション装着車を発表した。

バーチャルモーターショーは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響により、3月に予定されていたジュネーブモーターショー2020が中止されたことを受けての対応。ジュネーブモーターショー2020のフォルクスワーゲンブランドのブースを、3Dでリアルに再現している。

ユーザーは4月17日まで、自宅から24時間、フォルクスワーゲンブランドのすべての新しいモデルを体験できる。360度ツアーは、ユーザーがショーに没頭できるインタラクティブなデジタル体験を作り出す。 ブースを散歩したり、全方位から車両を眺めたり、使いやすい機能を利用して、ボディカラーやホイールのデザインを変更することもできる。

自動で車線変更を行う「トラベルアシスト」設定

新世代EVのID.3には、数多くのオプション装備が用意されている。そのひとつが、「Beats(ビーツ)サウンド システム」だ。出力400W のアンプが、7 台のスピーカーと1 台のサブウーファーを駆動する。

AR(拡張現実)ヘッドアップディスプレイは、重要な情報をフロントガラスに投影する。この情報は、ドライバーの前方3~10m の距離に見える立体的な映像として表現され、デジタルディスプレイと現実世界を融合している。

「トラベルアシスト」は、アクセルとブレーキを操作して先行車との車間距離を一定に保ちながら、車両を車線内に維持し、周囲の状況をインフォテインメントシステムのディスプレイに表示する。

システムの機能は後日、さらに強化される予定だ。これは、部分的な自動運転機能になる。ドライバーが高速道路で方向指示器を操作すると、トラベルアシストは周囲の交通状況を確認して、自動的に車線変更を開始する。

2種類のスタイルパッケージ

フォルクスワーゲンのデザイナーは、ID.3をさらにスマートに見せたい顧客のために、カスタマイズ仕様の「スタイルパッケージ」を開発した。

インテリアは、「スタイル」と「スタイルプラス」の 2種類のバリエーションから選択することができる。どちらのバリエーションも、シートとアームレストに、ファブリックとマイクロフリースが採用される。ステアリングホイールには、ヒーターと30 色の設定が可能なアンビエントライトが追加される。

スタイルプラスには、電動調整式シート、シートヒーター、マッサージ機能を備えた空気圧式ランバーサポートが追加される。この新しいランバーサポートは、従来のものよりも静かで多用途という。

エクステリアには、「スタイルシルバー」と「スタイルペニーコッパー」バージョンが用意されている。これらのパッケージには、ルーフのシルバーまたはコッパー(銅)トリムストリップと、 Cピラーのフォイルが含まれている。

サイドシルとバンパーには、グレイテックと呼ばれるメタリックエレメントが装着され、これらのコンポーネントを強調する。「フォルクスワーゲンR 」製の大径20 インチアルミホイールは、ID.3の外観をよりスポーティに変身させる。カラーは、ムーンシャイングレーからマケナターコイズまで、6 種類を設定している。

フォルクスワーゲンのウェブサイトでは、分かりやすい構造のコンフィギュレーターを使用して、これまで以上に簡単にID.3を構成できる。ユーザーは、わずか数回クリックするだけで、理想のID.3をウェブ上で作成することができる。

1枚のカードで欧州15万か所の充電ステーションを利用可能

フォルクスワーゲンは、ID.3と共に「We Charge」と呼ばれる充電サービスを開始する。1枚の充電カードで、ヨーロッパ全域の約15万か所の公共充電ステーションを利用することができる。

フォルクスワーゲンの顧客は、「IONITY(イオニティ)」急速充電ネットワークを、安価な料金で利用できる。価格は、選択した料金表によって異なるが、1キロワット時あたり0.30 ユーロからだ。導入記念モデルの「ID.3 1STスペシャルエディション」の顧客は、We Chargeカードを利用して、最大2000kw/hまたは600 ユーロまで、無料で充電することができる。

なお、この導入記念モデルのID.3 1STスペシャルエディションは、予約完売となった。ID.3 1STスペシャルエディションの事前予約は、2019 年春に開始された。フォルクスワーゲンによると、3 万台限定の発売記念モデルに対して、現在までに3 万7000 台を超える受注を獲得しているという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ