羽田空港や臨海副都心での自動運転実証の公開イベントを延期 自工会

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期自動運転、東京臨海部実証実験記者発表会(2019年10月15日)
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期自動運転、東京臨海部実証実験記者発表会(2019年10月15日)全 1 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会は4月22日、新型コロナウイルスの感染が拡大していることから7月6~12日に予定していた、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動運転(システムとサービスの拡張)」実証と連携した、自動運転実証の公開の延期を決定したと発表した。

自動運転実証の公開は、東京オリンピック・パラリンピック2020開幕前のイベントとして計画していた。オリンピック・パラリンピックが2021年に延期され、新型コロナウイルスの感染が拡大していることから延期する。

自動運転実証は7月6日から12日までの7日間、自動車メーカーなど、10社が参加して自動運転レベル2~4の自動運転車両80台を使って、羽田空港地域、羽田~臨海副都心・都心部、臨海副都心地域で実証・デモ走行する予定だった。オリンピック・パラリンピック前に実施して、世界各地から来日した人たちに、日系自動車メーカーが開発した自動運転車をアピールする予定だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • 菅内閣発足(9月16日)
  • 日本自動車工業会の豊田章男会長
  • eやん OSAKA
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ