「アウディ e-tron ビジョンGT」によるタイムトライアル大会、バーチャル富士スピードウェイで開催

アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ
アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ全 6 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは、電気自動車『e-tron』の仮想レーシングカーサーによるタイムトライアル大会「アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ チャレンジ」を5月1日から15日までバーチャル富士スピードウェイで開催する。

この大会は、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止の緊急事態宣言を受け、学校に行けない子供たち、外出できないモータースポーツファン、そしてレースに参戦できないドライバーに向けて、自宅で楽しめるモータースポーツの楽しみを提供するものだ。

アウディe-tronビジョングランツーリスモは、PS4用レースシミュレーションソフト「グランツーリスモ」とのコラボにより、アウディがデザインしたバーチャルカー。アウディはこのクルマを仮想世界に留めることなく、現実世界のワンオフカーとして開発/製造した。富士スピードウェイは、2018年にこの実車のe-tron ビジョン グランツーリスモが走行した日本のHome of Audi Sportともいえるサーキット。今回、「グランツーリスモSPORT」を使用して、この富士スピードウェイを舞台に、最速ドライバーを決める熱いバトルが繰り広げられる。優勝者にはリアル「アウディ R8」のサーキット体験等、豪華賞品を用意している。

アウディジャパンは、この大会を通じて、本国で開催中の仮想レースシリーズ「#RaceHome Charity Racing Series」とともに、あらためて「#stayhome」の大切さと、「#AudiTogether」を伝えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディQ3スポーツバック
  • アウディ e-tron スポーツバック
  • アウディのEVによる双方向充電技術の研究開発
  • アウディ e-tron S スポーツバック
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ