誰もが驚いた「サスペンションシート」とは? 今はなきユニークな装備たち【懐かしのカーカタログ】

三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート
三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート全 11 枚写真をすべて見る

今回はクルマのジャンルを問わず、ユニークだった装備を取り上げよう。“ユニーク”には、今はもう見かけないが……の意味を込めている。

サスペンションシート
・三菱パジェロ(1982年)

三菱パジェロ(1982年)三菱パジェロ(1982年)
外観写真は’82年4月の最初のカタログの表紙、シートの説明写真は’83年6月のカタログ。過酷なオフロード走行時に路面から伝わる振動の緩和を目的に採用されたもので、コイルスプリングとダンパーを組み合わせたバタフライ構造。体重(50~100kg)に応じてスプリングが調整でき、高さは3段階ロック藻可能だった。

三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート
筆者は、クルマの揺れに対し逆位相というか、ワンテンポずれた独特の効果、動きだったと記憶している。当時をよく知る同業・先輩の片岡英明さんによれば「先入観を持って座ると最初は誰でも驚いた」とのこと。2代目の初期まで設定があった。

シートベルトの自動装着機能
・三菱エクリプス(1990年)

三菱エクリプス(1990年)のシートベルト自動装着機能三菱エクリプス(1990年)のシートベルト自動装着機能
北米生産のいわゆる“逆輸入車”だった『エクリプス』。当然、左ハンドルで細部の仕様は日本の法規にミートさせての導入。さらに当時の北米の法規に従い備えていたのが、シートベルトの自動装着機能だ。

他にホンダ『USアコードクーペ』(初代)や当時の北米車など、日本に導入された例もあり、クルマごとの方式に違いがみられたかどうか、筆者自身の記憶はやや曖昧だが、概ね、あらかじめ張ってある腰ベルトの下に蹴飛ばすように足を入れ、乗り込んで着座しドアを閉めると、前方Aピラー付近でスタンバイしていた肩ベルトのアンカーがルーフに沿って自動でスルルル……と動いて装着が完了するというものだった。降りる際は、ドアを開ければ自動的にリリースされた。

写真のカタログは'93年1月の「GSリミテッド」のもの。

三菱エクリプス(1990年)三菱エクリプス(1990年)

逆さ文字
・三菱ランサーEX1800ターボ(1981年)

バンパーに逆さ文字の“TURBO”。三菱ランサーEX1800ターボ(1981年)バンパーに逆さ文字の“TURBO”。三菱ランサーEX1800ターボ(1981年)
三菱車繋がりでもう1台。“箸休め”を自認している本連載らしい題材として取り上げるのが、この“逆さ文字”だ。見ての通り“TURBO”の文字が反転している。BMWの“02ターボ”あたりがルーツだが、高速道路などを走行中、前車のミラーに“正像”で文字が写るようにし、高性能をさり気なくアピールするためのものだった。

写真のカタログは左が輸出仕様で、1.8リットルだった日本仕様に対し2リットルを搭載。フロントのエアダム形状も輸出仕様はバンパー一体型のスマートなもの(羨ましく見えたもの)だった。

ルーフベンチレーション
・ホンダCR-X(1983年)

ホンダCR-X(1983年)のルーフベンチレーションホンダCR-X(1983年)のルーフベンチレーション
写真はカタログの小さな説明箇所のアップであり、ハッキリとご覧いただけるかどうか。旅客機の客室(新幹線や観光バスでも)のように、室内側の天井にエア吹き出し口が備わり、そのフレッシュエアの取り入れ口をルーフに設けたというもの。1.5iグレードに“ルーフベンチレーション”として設定された。

ホンダCR-X(1983年)ホンダCR-X(1983年)
ちなみに初代『CR-X』ではもう1タイプ“サンルーフ”仕様があり、こちらは電動アウタースライド式で“世界初”と謳っていた。

カーゴファン
・スバル・レガシィ・グランドワゴン(1995年8月)

スバル・レガシィ・グランドワゴン(1995年8月)のカーゴファンスバル・レガシィ・グランドワゴン(1995年8月)のカーゴファン
写真のカタログは「グランドワゴン」名義で日本市場に初登場した時のもの。後に車名はこの初代のうちに「ランカスター」に変更され、3代目(2003年)からは当初からの北米仕様と同じ「アウトバック」に改められた。題材はいかにもこのクルマらしい「カーゴファン」。

カーゴルームのトリム左右に設けられた換気(排出)を目的としたもので、釣りに出かけたり、ペットを載せたときに車内の“ニオイ”を能動的に車外へ排出しようというものだった。

スバル・レガシィ・グランドワゴン(1995年8月)スバル・レガシィ・グランドワゴン(1995年8月)

アンブレラポケット
・日産・パルサー(1986年)

日産パルサー(1986年)のアンブレラポケット日産パルサー(1986年)のアンブレラポケット
3ドアのボディサイドの厚みを利用。傘を差し込んで収められる専用スペースとして用意された。水抜き穴付きで、傘を取り出す際は傘の柄を押せばせり出してくる仕掛け。柄が真っすぐな専用の傘が標準装備されていた。

フェザーケース
・日産プレジデントJS(1994年)

日産プレジデントJS(1994年)のフェザーケース日産プレジデントJS(1994年)のフェザーケース
『プレジデント』の純正オプションからひとつ。ネーミングに“フェザー”とあるとおり、トランクリッド裏に毛ばたきを収納しておくためのケースだ。2本あるのは、プロのドライバーは1本目でホコリをはらい、2本目で仕上げる……そういう“2本使い”が基本スタイルだから。いかにもショーファーカーらしい用品。

《島崎七生人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  9. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  10. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
ランキングをもっと見る