トヨタ ハリアー 新型の値引き目標額は?…新車市場で販売店の反転攻勢か

トヨタ・ハリアー
トヨタ・ハリアー全 5 枚写真をすべて見る

『月刊自家用車』7月号
発行:内外出版社
定価: 880円(本体800円+税)

『月刊自家用車』7月号の特集は「SUV最前線」。トヨタ『ヤリスクロス』、『ハリアー』、ダイハツ『タフト』、日産『キックス』など、日本市場導入が予告されて発売待ちの新型SUVは数多い。ライバル比較や商談必勝法などを誌面で展開している。歴代ハリアーの紹介記事の再録はおもしろい。

新型コロナウイルスの感染拡大で、新車市場は冷え込んでいる。だが『月刊自家用車』7月号によると「『仕方ないよね』などと手をこまねいてみているほど、クルマ業界はやわじゃない」という。反転攻勢をかけてくることが予想されるので、消費者にとって新車の買い時だという。

気になる見出し……●SUV最前線●ヤリスクロス 先取り大解剖●タフトVSハスラー 先取り対決●新型ハリアー徹底研究●名車探訪 NISSAN GT-R●【緊急企画】コロナに負けない新車購入術『月刊自家用車』7月号『月刊自家用車』7月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍・雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV