ヤマハ発動機、主要生産拠点の稼働状況---フィリンピンは停止中

ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン
ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は5月29日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響に伴う主要生産地域で稼働状況を発表した。

現在、生産を停止しているのは日本の船外機生産ラインと、フィリピンの二輪車工場。日本、ベトナム、インドの二輪車生産拠点は一部が稼働している。

同社では、需要回復時に機動的に対応するため、サプライチェーンの安定に努めるとしている。

また、3月から5月までの二輪車工場の操業状況は、日本が16日間停止、欧州が33日間、インドネシアが20日間、タイが13日間、ベトナムが16日間、フィリピンが51日間、インドが54日間、ブラジルが19日間それぞれ停止した。ゴルフカー、ATVなどを製造する米国拠点は30日間、日本の船外機を生産拠点は27日間それぞれ停止した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV

ピックアップ

Response.TV