ヤマハ発動機、主要生産拠点の稼働状況---フィリンピンは停止中

ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン
ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は5月29日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響に伴う主要生産地域で稼働状況を発表した。

現在、生産を停止しているのは日本の船外機生産ラインと、フィリピンの二輪車工場。日本、ベトナム、インドの二輪車生産拠点は一部が稼働している。

同社では、需要回復時に機動的に対応するため、サプライチェーンの安定に努めるとしている。

また、3月から5月までの二輪車工場の操業状況は、日本が16日間停止、欧州が33日間、インドネシアが20日間、タイが13日間、ベトナムが16日間、フィリピンが51日間、インドが54日間、ブラジルが19日間それぞれ停止した。ゴルフカー、ATVなどを製造する米国拠点は30日間、日本の船外機を生産拠点は27日間それぞれ停止した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ