ZMP、データ計測車両「RoboTest Car」販売開始 開発工程を大幅削減

データ計測車両「RoboTest Car」イメージ写真
データ計測車両「RoboTest Car」イメージ写真全 2 枚写真をすべて見る

ZMPは6月18日、走行データ取得ソリューション「RoboTest」の新サービスとして、データ計測車両「RoboTest Car」の販売を開始した。

昨今、ADAS市場の活性化や自動運転技術の開発が進む中、それらの開発における走行データ取得が重要となってきている。しかし、実際に欲しい走行データを手に入れるためには、車両・センサー調達や、データ計測システムの開発など様々な作業が必要となるため、膨大な工数・期間がかかることが予想される。

今回発売したRoboTest Carでは、従来のデータ計測システム「RoboDataLogger」に加え、車両の調達から各種センサーの取付までワンストップで対応できるため、納品したその日からデータ計測が可能となっている。新製品の利用により、本来必要となる開発工数が大幅に削減され、研究開発を加速できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • データ計測システム「RoboDataLogger」標準パッケージ
  • 無人宅配ロボ DeliRo
  • 東京・月島
  • 一人乗りロボ、ラクロ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV