2040年に向けた道路政策ビジョン MaaSや自動運転トラックの運行の想定を提言

政策提言「2040年 道路の景色が変わる」の概要
政策提言「2040年 道路の景色が変わる」の概要全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会が道路政策ビジョン「2040年 道路の景色が変わる」をとりまとめ、国土交通大臣に提出した(6月18日)。

ビジョンは、道路政策を通じて実現を目指す2040年の日本社会の姿と政策の方向性をまとめたもの。ビジョンの目標として、普遍的な価値観である「人々の幸せの実現」を設定した上で「進化と回帰」をテーマに提言をとりまとめた。

「移動」がどう変わり、「道路の景色」がどう変化するのか、5つの将来像を予測して10の政策の方向性を提案した。

将来像では「通勤・帰宅ラッシュが消滅」「人・モノの移動が自動化・無人化」、「公園のような道路に人が溢れる」「店舗(サービス)の移動でまちが時々刻々と変化」「被災する道路から救援する道路に」の5つ。

政策の方向性では、マイカーなしでも便利に移動できるモビリティサービス(MaaS)がすべての人に移動手段を提供することや、人と車両が空間をシェアしながらも安全で快適に移動・滞在ができるユニバーサルデザインの道路が交通事故のない生活空間を形成する。

また、卓越したモビリティや賑わいと交流の場を提供する道路空間が投資を呼び込む国際都市としての魅力を向上することや、自動運転トラックによる幹線輸送・ラストマイルにおけるロボット配送により自動化・省力化された物流が平時・災害時を問わず持続可能なシステムとして機能することなどを示した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)の概要
  • 地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車普及促進事業の概要
  • ASVの一種「踏み間違い衝突防止アシスト」(参考画像)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV