KINTO、ブラジルでB to B向けサービス開始へ 三井物産と事業会社設立

KINTO(ロゴ)
KINTO(ロゴ)全 1 枚写真をすべて見る

トヨタファイナンシャルサービス(TFS)と三井物産は、ブラジルで幅広くモビリティサービス事業を展開する「KINTOブラジル社」を設立したと発表した。KINTOブラジル社はブラジル・サンパウロ州を本拠地とし、出資比率はTFSが51%、三井物産が49%。

先進国同様、近年は中南米でも多様な業種で、消費動向の「保有」から「利用」への流れが加速すると想定されている。KINTOブラジル社はこうしたビジネスモデルの変化にあわせて、中南米最大の自動車市場であるブラジルで成長の著しいB to B向けフルサービスリース事業「KINTO ONE」を本年末から開始。また将来的には、B to C向けを含むさらなるサービス領域の拡充を目指す。

TFSはグローバルに展開するモビリティサービスのブランド名称をKINTOに統一。進化する顧客のモビリティニーズを満たすため、シンプルでスマートなモビリティサービスを提供している。ブラジルにて、TFSは三井物産とともに、両社の強みを活用することで、モビリティサービスを提供するリーディングカンパニーを目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型ハリアーがKINTOのラインアップに登場
  • KINTO ONE(イメージ)
  • KINTO(ロゴ)
  • 欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ