デンソー、自動運転研究開発拠点を羽田イノベーションシティに開設

車両整備棟
車両整備棟全 2 枚写真をすべて見る

デンソーは7月6日、自動運転等の研究開発を行う新拠点として、今年オープンした大規模複合施設、羽田イノベーションシティに「Global R&D Tokyo, Haneda」を開設した。

デンソーは2018年4月、品川駅近辺に「Global R&D Tokyo」を開設し、自動運転を中心とした研究開発を進めてきた。今回開設したGlobal R&D Tokyo, Hanedaには、自動運転の企画・開発を行うオフィスに加え、試作品の車両への搭載等を行う車両整備棟と、実車評価用のテスト路を備える。東京エリアにて、研究開発から実車実証までを一貫して進められる体制を構築し、今後の開発を加速させていく。

羽田エリアは、国家戦略特区として自動運転などの公道実証を行うことができる環境整備が進められている。また、周辺には大田区のモノづくり企業が多数集結。デンソーは今後、特区制度の活用や大田区周辺のものづくり企業との連携も推進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • デンソー
  • デンソー
  • eAxleを中心とした『アイシンEV System 』
  • 新型踏切障害物検知装置 ZD-LS200RX
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ