【ダイハツ タフト 新型】パイオニア製ディスプレイオーディオ、メーカーオプションに採用

パイオニアのディスプレイオーディオを装着したダイハツ・タフト
パイオニアのディスプレイオーディオを装着したダイハツ・タフト全 2 枚写真をすべて見る

パイオニアは7月9日、同社のディスプレイオーディオが、ダイハツが発売する新型軽乗用車『タフト』のメーカーオプションに採用されたと発表した。

メーカーオプションに採用されたのは、9インチ/6.8インチをラインアップしたディスプレイオーディオ。クルマとスマートフォンをつないで「つながる安心」と「快適・便利」を提供する「ダイハツコネクト」のほか、Apple CarPlayやAndroid Autoなど、多彩なコネクテッド機能に対応する。また、駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」や「パノラマモニター」「バックモニター」なども大画面で表示。タフトの特長である開放感のある車室内で、多彩な機能、スマートフォンのアプリを大画面ディスプレイに表示して、安心・快適に操作できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型タフトで装備したACCは30km/h~125km/hの範囲内で設定できるようになった
  • ダイハツ タフト
  • 発売後1ヶ月で1万8000台もの受注を獲得した新型タフト。写真はGターボ2WD
  • ダイハツ タフト
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ