86駅分すべてをつなげるとJR北海道の路線図が完成…7月18日から新たな「ご当地入場券」

裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。全 3 枚写真をすべて見る

JR北海道は7月10日、「北の大地の入場券」を7月18日から発売すると発表した。

これは、2017年7月から2019年9月まで、北海道内各自治体の代表駅で発売していた「JR北海道わがまちご当地入場券」に続く、ご当地入場券企画第2弾。

前回のご当地入場券と同様、表面は各地の鉄道風景にちなんだデザインとなるが、裏面のデザインは「鉄道が北海道の街と街をつないでいる」ことをイメージして、JR北海道全13路線を縮尺30分の1程度の地図に分割したものとなっており、発売される86駅の入場券をすべてつなげるとJR北海道の路線図が完成する。

発売額は各200円(大人用のみ)で、枚数制限はないが、混雑時は1人1回5枚までの購入に制限されることがある。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ