ベントレー フライングスパー に680馬力の最強PHEV設定か…開発車両をスクープ!

ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

ベントレーの高級4ドアサルーン『フライングスパー』に初のPHEVモデルが設定されることが濃厚となった。

フライングスパーは、2012年まで『コンチネンタル・フライングスパー』として発売されていたが、2013年のフルモデルチェンジで『フライングスパー』と改められ、2019年からは第2世代へバトンタッチされている。

捉えたプロトタイプは、左側リアフェンダー上部に充電ポートが見てとれる。給油口は右側Cピラーの付近にあるため、PHEVモデルであることが濃厚と言えそうだ。

注目は、6.0リットルW12型ツインターボを搭載するモデルのデュアルエキゾーストパイプの代わりに、クワッドエキゾーストシステムがインサートされている点だ。この点から高性能「スピード」の可能性もあるが、現行型『コンチネンタル GT V8』には4つの排気口があり、「ベンテイガスピード」、「ミュルザンヌスピード」、及び「コンチネンタルGT スピード」はすべてデュアルエキゾーストパイプを装備していることからも断定はできない。

ただし、以前捉えたPHEVの開発車両は2つの排気口だったため、異なるモデルの可能性も残されている。

PHEVモデルでは、ポルシェ『パナメーラ』とパワートレインを共有する予定で、2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力462ps、最大トルク700Nmを発揮する。

もしこれが高性能モデル「スピード」の場合、「パナメーラ S Eハイブリッド」からパワートレインを流用、4.0リットルV型8気筒+電気モーターにより、最高出力680ps、最大トルク850Nmを生み出し、世界でも最強レベルの4ドアサルーンの誕生となるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV