メルセデスベンツ 65車種5万8000台をリコール スライディングルーフ脱落のおそれ

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は7月16日、メルセデスベンツ『Eクラス』など65車種について、スライディングルーフが脱落するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2002年6月29日から2010年7月23日に輸入された5万8021台。

対象車種はスライディングルーフのガラスパネルにおいて、製造工程での下地処理が不適切なため、接着強度が不十分なものがある。そのため、ガラスパネルに浮きが発生し、最悪の場合、走行風により脱落して、後続車両の妨げになるおそれがある。

改善措置として、全車両、スライディングルーフの製造日を確認し、対象の期間であるものはガラスパネルの接着強度を点検し、不十分なものはスライディングルーフを良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

対象車種

・Cクラス
C180、C180コンプレッサー、C180ステーションワゴン、C180コンプレッサー ステーションワゴン、C200コンプレッサー、C200ステーションワゴン、C200コンプレッサー ステーションワゴン、C230、C230コンプレッサー、C230ステーションワゴン、C230コンプレッサー ステーションワゴン、C240、C240 4マチック、C240ステーションワゴン、C240 4マチック ステーションワゴン、C270 CDI、C280、C280 4マチック、C280ステーションワゴン、C280 4マチック ステーションワゴン、C32、C32T、C32ステーションワゴン、C320、C320ステーションワゴン、C55、C55ステーションワゴン

・CLKクラス
CLK200コンプレッサー、CLK240、CLK320、CLK350、CLK55、CLK63

・CLSクラス
CLS350、CLS500、CLS55、CLS550、CLS63

・Eクラス
E200、E240、E240ステーションワゴン、E250、E250ステーションワゴン、E280、E280ステーションワゴン、E300、E300ステーションワゴン、E320、E320 4マチック、E320 CDI、E320ステーションワゴン、E320 4マチック ステーションワゴン、E320 CDIステーションワゴン、E350、E350 4マチック、E350ステーションワゴン、E350 4マチック ステーションワゴン、E500、E500ステーションワゴン、E55、E55ステーションワゴン、E550、E550ステーションワゴン、E63、E63ステーションワゴン

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ アドレス125(2019年)
  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ