8月運行再開の『ななつ星』がルートを変更…南九州では南宮崎を折り返すルートに 令和2年7月豪雨

8月15日に再開する『ななつ星in九州』。8月8・9日には訓練列車が運行される予定。
8月15日に再開する『ななつ星in九州』。8月8・9日には訓練列車が運行される予定。全 4 枚写真をすべて見る

JR九州は7月20日、運行再開が8月15日に延期されていたクルーズトレイン『ななつ星in九州』(ななつ星)の代替運行ルートを発表した。

令和2年7月豪雨の影響で、肥薩線や久大本線、肥薩おれんじ鉄道の一部が不通となり、ルートの変更を余儀なくされていた『ななつ星』だが、通常の3泊4日コースでは、日豊本線を南下して久大本線に入り、由布院駅(大分県由布市)で折り返す2日目のルートのうち、別府~由布院間をバスに変更。日豊本線を南下し鹿児島中央駅で折返し肥薩線へ入る3~4日目は、南宮崎駅(宮崎県宮崎市)まで南下し、折り返すルートとなる。

また1泊2日コースでは、2日目で久大本線に入り由布院駅で折り返すルートを、豊肥本線に入り宮地駅(熊本県阿蘇市)で折り返すルートに変更される。

これらのルート変更は2021年3月末までを予定しているが、1泊2日コースのルート変更は、土砂流入のため不通となっている鹿児島本線玉名~肥後伊倉間が、8月8・9日に行なわれる訓練運転までに復旧していることが前提となっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ