中古車リース「ニコニコダイレクト」スタート、定額で低額…元レンタカーの利点

ニコニコダイレクト
ニコニコダイレクト全 2 枚写真をすべて見る

MICは7月21日、同社が展開するニコニコレンタカーの良質車を活用した中古車リース「ニコニコダイレクト」を首都圏6店舗で開始した。

これまでMICでは、「ニコニコマイカーリース(定額ニコノリパック)」で新車のマイカーリースを提供してきたが、今回、少しでも負担を抑えたいというユーザーの声に応え、中古車マイカーリース「ニコニコダイレクト」を開始した。

ニコニコダイレクトで提供するのは、MICがニコニコレンタカーで活用していた車の中から厳選した良質な中古車。レンタカー用として、常に点検・メンテナンスを受けている中古車の中から走行距離7万km以下で、112項目の点検を実施した良質車を厳選。安心して乗れる車を安く提供する。

リースで提供することにより、自動車税や自賠責保険、重量税、車検、オイル交換などの定期的なメンテナンスといった維持費をすべて含めて月々定額制で提供。毎年の自動車税や2年ごとの車検など、突発的な支出がなくなり、家計の負担が軽減される。また、マイカーリースの多くは、契約終了後に残価精算が必要となるが、ニコニコダイレクトでは安心して車に乗れるよう、残価が0円(最後は車がもらえる)という契約形態とした。

ニコニコダイレクトの契約可能期間は1~7年。ホンダ『N-WGN』(2017年・走行6万2000km)の場合、6年リース契約で月額6000円(ボーナス月加算5万8800円)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ