白い289系電車が「麒麟」に?…北近畿への特急に明智光秀ゆかりのラッピング車 8月8日から

号車ごとに明智光秀ゆかりの地や人物などをあしらった金屏風風のラッピング。
号車ごとに明智光秀ゆかりの地や人物などをあしらった金屏風風のラッピング。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は、8月8日から福知山線、山陰本線、京都丹後鉄道の特急『こうのとり』『きのさき』『はしだて』で、明智光秀にちなんだラッピング列車を運行する。

この3列車が通過する京都府福知山市は、2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公で、本能寺の変で知られる戦国時代末期の武将・明智光秀が織田信長の配下となった後に築いた城下町。今回はそのことにちなみ、289系特急型電車4両編成1本を金屏風風にラッピングする。

2021年10月末まで運行される予定で、初日は福知山9時50分発の『こうのとり10号』から運用に入る。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ