白い289系電車が「麒麟」に?…北近畿への特急に明智光秀ゆかりのラッピング車 8月8日から

号車ごとに明智光秀ゆかりの地や人物などをあしらった金屏風風のラッピング。
号車ごとに明智光秀ゆかりの地や人物などをあしらった金屏風風のラッピング。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は、8月8日から福知山線、山陰本線、京都丹後鉄道の特急『こうのとり』『きのさき』『はしだて』で、明智光秀にちなんだラッピング列車を運行する。

この3列車が通過する京都府福知山市は、2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公で、本能寺の変で知られる戦国時代末期の武将・明智光秀が織田信長の配下となった後に築いた城下町。今回はそのことにちなみ、289系特急型電車4両編成1本を金屏風風にラッピングする。

2021年10月末まで運行される予定で、初日は福知山9時50分発の『こうのとり10号』から運用に入る。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ