スバル XV のマイナーチェンジ予測…アリア、ハリアー、RAV4、人気のSUVで何か忘れてませんか?

スバル・クロストレック
スバル・クロストレック全 3 枚写真をすべて見る

『月刊自家用車』9月号
発行:内外出版社
定価: 880円(本体800円+税)

『月刊自家用車』9月号の特集は8月号に続いて「SUV最前線」。日産『アリア』、トヨタ『ハリアー』、同『RAV4 PHV』、ダイハツ『タフト』、日産『キックス』と、注目の新型車が続々と登場している。SUVは実際売れているカテゴリーであり、各媒体、記事に力が入る。

スバルのクロスオーバーSUV『XV』もこの秋にマイナーチェンジが予想されていて、『月刊自家用車』9月号では、すでにマイナーチェンジした北米版兄弟車『クロストレック』をもとに、日本仕様XVを予測している。同じくスバルが東京モーターショー2019で先行発表した新型『レヴォーグ』も事前予約が始まりそうだという。

気になる見出し……●SUV最前線●EVの未来がここに NISSANアリアの全貌●<公道走り込み>TOYOTA新型ハリアー実力再検証●TOYOTA RAV4 PHV公道試乗レポート●DAIHATSU新型タフト vsライバル決着編●NISSANキックス vsライバル比較研究●名車探訪 MITSUBISHIデリカ●今秋デビュー濃厚! SUBARU新型レヴォーグ×新型スバルXV 先取りチェック『月刊自家用車』9月号『月刊自家用車』9月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍・雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 4 後継モデルのプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ