肥薩おれんじ鉄道の全線再開は約3か月後…JR貨物は熊本以南で代行輸送 令和2年7月豪雨

最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。全 7 枚写真をすべて見る

JR貨物は8月3日、令和2年7月豪雨の影響で一部区間で運行を見合わせている鹿児島本線の貨物列車のうち、八代~鹿児島貨物ターミナル間の再開見通しを明らかにした。

同区間は八代~川内間で肥薩おれんじ鉄道を走行するが、8月3日の肥薩おれんじ鉄道からの発表によると、肥後高田~日奈久温泉間で土砂流入や道床流出、海浦~佐敷間で土砂流入が発生した八代~佐敷間は再開までに約3か月を要するとされている。なお、湯浦~津奈木間や津奈木~新水俣間で道床が流出した佐敷~新水俣間については、8月8日に再開する予定としている(水俣~川内間はすでに再開)。そのため、鹿児島本線の貨物列車は11月頃に全区間再開となる模様だ。

これを受けてJR貨物は、8月4日から日曜と盆期間を除いて、熊本~川内・鹿児島貨物ターミナル間で1日130個程度、佐土原オフレールステーション~都城オフレールステーション間で1日20個程度のコンテナ代行輸送を開始するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。

ピックアップ