ナビタイムジャパンなど、ブロックチェーン技術を活用した事故発生自動検出と保険金支払業務自動化の実証実験開始

実証実験の概要
実証実験の概要全 1 枚写真をすべて見る

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、ナビタイムジャパン、LayerXの4社は、保険事故発生の自動検出および保険金支払業務自動化の技術検証のため、MaaS領域におけるブロックチェーン技術を活用した実証実験を8月18日から共同で実施する。MaaS領域にて、ブロックチェーン技術を活用したサービスを消費者向けに提供する実証実験は国内初となる。

昨今、MaaSに代表されるあらゆるモノがサービス化された世界や、人やモノがインターネット上でつながるスマート社会の実現など、デジタルテクノロジーによる産業構造の変革が急速に進んでおり、従来の価値観や生活スタイルに大きな変化をもたらすことが予想されている。MaaS社会では、モビリティに関わる検索・予約・決済などのあらゆるサービスが一つに集約され、シームレスに実行できるとされており、昨年度から全国各地でさまざまな実証実験が行われている。保険でも、書類のやり取りが必要な保険金請求や支払手続きではなく、デジタル技術を活用して自動化・効率化させ、利便性の向上を図ることが求められると考えられる。

今回、MaaS社会の到来を見据え、保険の新たな顧客体験の可能性を検証するため、ナビタイムジャパンの経路検索アプリケーション「NAVITIME」および「乗換NAVITIME」の利用者からテストモニターを募り、LayerXが有するブロックチェーン技術を活用した、保険事故発生の自動検出と保険金支払業務自動化の技術検証を主目的とした実証実験を4社共同で実施することとした。

実証実験では、「電車の運行遅延」を保険金請求事由と見立て、ブロックチェーン上でさまざまなプログラムを自動的に実行できる仕組みのスマートコントラクトを活用する。JR宇都宮線・高崎線・埼京線の遅延情報を自動検知し、位置情報をもとに当該遅延の影響を受けたと判定されるテストモニターに対して、保険金に見立てたデジタルクーポンを即時に自動発行、配付。また技術検証だけでなく、新たな体験価値として受容されるサービスか否かを検証するため、実証実験に参加しクーポンを受け取ったテストモニターへ、満足度を問うアンケートを実施する。

4社は今後、実証実験の結果を踏まえ、事故発生から保険金の支払いプロセスにおける顧客の新たな体験価値の創造を目指し、新商品やサービスの開発へ向けた検討を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ