ボルボ 電動化戦略第一段階完了…XC40 PHEV を日本発売

XC40 Recharge Plug-in hybrid T5国内販売開始
XC40 Recharge Plug-in hybrid T5国内販売開始全 7 枚写真をすべて見る

ボルボ・カー・ジャパンは25日からXC40のプラグインハイブリッドモデル「XC40リチャージ・ブラグインハイブリッドT5」の販売を開始した。同時に、国内販売モデルのうち内燃機関のみの車両がなくなり、同社の電動化戦略の第一段階を完了したと発表した。

同社代表取締役社長 リチャード・スナイダーズ氏によれば、新型コロナウイルスの影響で1~7月の世界販売台数は前年比で16%減の33万2253台と落ち込んだものの、7月の世界販売台数は前年比14.2%増の6万2291台となった。日本市場でも1.2%の伸びだったという。その要因は、「EUにおいてCOVID-19の規制が解除に向かったこと。コンパクトSUVのXC40がブランドを牽引していること。さらにプラグインハイブリッドモデルである“リチャージ”ラインナップが2倍以上の販売シェアを獲得したこと(スナイダーズ氏)」を理由に挙げた。

XC40リチャージ・ブラグインハイブリッドT5のスペックは、新開発「Dirve-E」エンジン(1.5L 3気筒ターボ)にモーターが搭載される。最高出力は132kW+60kW。最大トルクは265Nm+160Nmだ。搭載バッテリーは10.91kWh。バッテリーのみのEV走行でも45.6Kmの航続距離がある。トランスミッションは7速のDCTを搭載し、4つモードでエンジンとモーターの切り替え制御を行う。

PHEV版XC40の国内市場投入により、日本市場でもボルボの電動化は完了したことになる。同社が掲げる電動化は、48Vハイブリッドも含むが、これでボルボ全モデルにプラグインハイブリッドがラインナップされたことになる。

ボルボの全モデル電動化は2017年に宣言され、今回それが達成されたことを意味するが、同社は2025年までに全モデルの半分をEVにするとも発表しており、48Vハイブリッド、プラグインハイブリッドに加え、フルEVモデルも追加投入する予定だ。スナイダース氏は、ボルボ初のフルEVモデルとなる「XC40 Recharge P8 AWD」の日本市場導入が2021年内になることもアナウンスした。日本仕様の詳細は明らかにされなかったが、21年はフルEVのSUVの激戦が予想され輸入車市場がさらに活発化する予感だ。

XC40リチャージ・ブラグインハイブリッドT5の車両価格は649万円(消費税込み)だ。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV