ZF、自動運転の開発を加速…テストコースを拡張

拡張されたZFのドイツのテストコース
拡張されたZFのドイツのテストコース全 3 枚写真をすべて見る

ZFは8月25日、ドイツのテストコースを拡張した、と発表した。

このテストコースには、新たに全長3.6kmの楕円形のコースが設けられた。カーブと直線を含めて、さまざまな道路状況を再現し、実際の高速道路の運転状況をシミュレートすることができる。

また、拡張されたテストコースでは、ZFの先進運転支援システム(ADAS)のテスト機能を大幅に引き上げる。車線逸脱警告システム、渋滞アシスタント、自動運転を見据えた高速道路のパイロット走行システムなど、高度な技術の開発をサポートする。

拡張された施設には、広さ1000平方mのカスタマーセンター、さらに2つのトラックホールも含まれる。このユニークなテストコースは、ZFのグローバルテクノロジーリーダーとしての地位を強化し、商用車セグメントにおける成長機会を充分に活用するために必要な幅広いテストが行えるという。

ZFは、拡張されて近代化されたテストコースによって、最先端のテクノロジーの開発とテストを加速させる。自動化やネットワーク化、電動化された車両に焦点を合わせるにつれて、開発するシステムの複雑さが増すため、従来以上に高度なテストや検証能力が必要になるためだ。ZFは、テストコースの拡張により、完全自動運転を含めて、革新的な先進運転支援システムをテストしていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV