ダイハツ、スマアシ搭載車の累計販売台数300万台突破 7年8か月で達成

スマートアシストIII
スマートアシストIII全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツは、予防安全機能「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2020年8月末時点で300万台を突破したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月にマイナーチェンジした『ムーヴ』で初搭載。軽自動車で初めて衝突回避支援ブレーキなどの先進デバイスをリーズナブルな価格で採用した。その後、小型ステレオカメラの採用などにより、衝突回避支援機能の進化に加え、認識支援機能や運転負荷軽減機能、駐車支援機能などを搭載し、ドライバーの安全・安心な運転をサポート。また、軽商用車『ハイゼット』や小型商用車『グランマックス』、特装車にも採用するなど、スマートアシスト搭載車のラインアップを拡充してきた。

最新のスマートアシストは、2020年6月に発売した新型軽クロスオーバー『タフト』に搭載されたもので、新開発のステレオカメラを採用することで、夜間の歩行者や追従二輪車の検知を可能にするなど、衝突回避支援機能の性能向上を実現している。

ダイハツでは現在、軽自動車12車種、小型車4車種の計16車種、『コペン』をのぞく全車種にスマートアシストを搭載。搭載比率は約9割となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV