新型スカイライン、日立オートモティブシステムズの高精度地図ユニットを初採用

新型スカイラインと高度運転支援ECU(写真左下)/高精度地図ユニット(右下)
新型スカイラインと高度運転支援ECU(写真左下)/高精度地図ユニット(右下)全 1 枚写真をすべて見る

日立オートモティブシステムズは、同社の高度運転支援ECU(電子制御ユニット)と、OTA(無線データ通信)による自動地図更新に対応した高精度地図ユニットが、日産自動車の新型『スカイライン』に初採用されたと発表した。

近年、各社が自動運転車両の開発に取り組んでおり、競争が激化している。高速道路での追い越し支援やルート走行支援のような高度な運転支援機能の実現には、カメラセンサーで取得した膨大な周囲環境情報等を基に車両を統合制御するための高度運転支援ECUに加え、その高度運転支援ECUに対し、数百メートルから数キロ先の道路形状を含めた地図情報を提供する高精度地図ユニットが必要となる。

今回、新型スカイラインに採用された高度運転支援ECUは、認識処理用と車両制御用の2 CPU構成にすることで、安全性と高速演算性能を両立。より高精度な車両統合制御に寄与する。一方、高精度地図ユニットは、全国の高速自動車道等の3D高精度地図データをセンチメートル単位で格納。高精度に算出した自車位置にもとづき自車周辺地図情報、および、目的地までの車線レベルの推奨経路情報を高度運転支援ECUに出力し、車両統合制御を支援する。また、OTAにより、常に高精度な地図の自動更新も実現。これらの技術が、日産が開発した、高速道路でナビゲーションシステムと連動したルート走行時に同一車線内でハンズオフが可能な世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を支えている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV