ハーレー、シェア35.4%で過去最低を更新…輸入小型二輪車販売 2020年度上半期

ハーレーダビッドソン・スポーツスターXL1200Xフォーティエイト
ハーレーダビッドソン・スポーツスターXL1200Xフォーティエイト全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は10月6日、2020年度上半期(4~9月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比2.8%減の1万1241台で、2年ぶりに前年実績を下回った。

ブランド別では、ハーレーは1位になったものの同16.2%減の3980台で3年連続のマイナス。シェアは35.4%で前年から5.7ポイントダウン、2010年の統計開始以来の過去最低を更新した。2位BMWは同1.3%増の2667台で4年ぶりのプラス。シェアは0.9ポイントアップの23.7%となった。

以下、3位トライアンフは同24.4%増の1397台、4位KTMは同5.3%増の1020台、5位ドゥカティは同15.1%減の950台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV