インフィニティラウンジ、日産グローバル本社ギャラリーに正式オープン

インフィニティラウンジ
インフィニティラウンジ全 25 枚写真をすべて見る

インフィニティグローバル本社は今年、香港から横浜に移転。日産グローバル本社のギャラリー内に新たに「インフィニティラウンジ」を開設、10月28日に一般来場者向けに正式にオープンした。

オープンにあわせて、同ブランドを象徴するデザイン性に富んだモデル2台を展示。次世代3列シートSUVのデザインの方向性を示すコンセプトカー『QX60モノグラフ』と、ブランドのエキサイティングな方向性を示すセダン『Q インスピレーション コンセプト』だ。インフィニティラウンジでは、その他のモデルも今後、展示していく予定だ。

インフィニティラウンジは、建築家・隈研吾氏が手がけた有名な国際モーターショーの展示より着想を得たデザインを採用。エレガントかつ美しい空間を創出している。

インフィニティラウンジがオープンした日産グローバル本社ギャラリーには、年間約125万人(新型コロナウィルス感染拡大前)が来場。同社の商品・企業情報発信の本拠地として、市販車の試乗、ゆったりとした環境でクルマや最新技術に親しんでもらう展示、お子さまから大人まで楽しんでもらう多様なイベントなどを開催する空間を提供している。

今回、インフィニティラウンジが新たに開設されたことで、日産グローバル本社ギャラリーはフラッグシップギャラリーとしてより多角的な発信拠点となる。

インフィニティラウンジの機能と使命…担当デザイナーが語る

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV