【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の選考はオンライン開催、ノミネート全45台が確定

選考対象:スバル・レヴォーグ
選考対象:スバル・レヴォーグ全 11 枚写真をすべて見る

10月31日、41回目の開催となる「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車全45台が確定し、イヤーカー選びが本格的にスタートした。

今年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、一時はイヤーカーの選出自体が危ぶまれていたが、各種イベントの開催方法、開催場所、開催概要などを見直し。最終選考会はオンライン開催で行うこととなった。

選考対象となるクルマは、2019年11月1日より2020年10月31日までに日本国内で発表された乗用車で、60名を上限とした選考委員の投票によって決定。また「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。

なお、部門賞はこれまで「イノベーション」、「エモーショナル」、「スモールモビリティ」の3部門だったが、今年度は「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」、「K CAR オブ・ザ・イヤー」の4部門へ変更となった。

今後、自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員による第一次選考で、上位10台の「10ベストカー」を選出し、11月4日に発表。12月7日、最終選考投票により、今年度のイヤーカーが決定する。なお、最終選考会・表彰式の模様は公式YouTubeチャンネルにて生配信される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV