『SL大樹』へのSL2機目投入は12月26日…復元中の3機目は「C11 123」と命名

12月26日から『SL大樹』の運用に入る元真岡鐡道のC11 325。一方のC11 207は、2021年1月12日から約半年の検査に入るため、その間の『SL大樹』は土休日中心の運行となり、毎日運行はC11 207が復帰する2021年夏以降を予定している。
12月26日から『SL大樹』の運用に入る元真岡鐡道のC11 325。一方のC11 207は、2021年1月12日から約半年の検査に入るため、その間の『SL大樹』は土休日中心の運行となり、毎日運行はC11 207が復帰する2021年夏以降を予定している。全 3 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は11月6日、真岡鐡道から譲り受けたC11形蒸気機関車325号機(C11 325)の『SL大樹』での運用を12月26日に開始すると発表した。

C11 325は1946年3月、日本車輛製造名古屋工場製のタンク式蒸気機関車で、1972年に廃車後、現在の新潟県阿賀野市で静態保存されていたが、真岡鐡道での運行へ向けて1998年10月に車籍が復活し、『SLもおか』でC12形蒸気機関車66号機(C12 66)とともに運用されていた。

しかし、運行経費の問題からC12 66の1機態勢で運行することが決定し、C11 325を所有する芳賀地区広域行政事務組合が2019年3月に入札の公告を行ない、東武が落札。2020年7月30日に正式に譲受していた。

これにより『SL大樹』は、C11形蒸気機関車207号機(C11 207)を含めて2機態勢となり、年間を通してのSL運行が可能となる。

12月27日、2021年1月1~3・9~11日の『SL大樹』は2機での運行となり、時刻は、下り下今市発が9時33分(1号)・10時29分(3号)・13時(5号)・14時55分(7号)、上り鬼怒川温泉発が11時10分(2号)・12時54分(4号)・15時37分(6号)・16時43分(8号)。

運用初日の12月26日も2機での運行となり、1・2・5・6号をC11 325、3・4号をC11 207が牽引。7・8号の代わりに、C11 207が牽引する下今市17時27分発の9号と鬼怒川温泉19時28分発の10号がツアー列車として運行され、沿線に飾られたイルミネーションとコラボレーションする。また、1号は関係者やツアー参加者限定乗車となり、一般客は2~6号での乗車となる。2機運行時の4号と5号は13時15分頃、途中の大桑駅(栃木県日光市)で交換する。

このほか、12月6日には「2020東武プレミアムファンツアー」の第一弾として、南栗橋車両管区でC11 207とC11 325の重連に乗車する体験ツアーも実施される。

なお、東武では3機目の蒸気機関車として北海道から渡ってきた「C111」の復元作業を南栗橋SL検修庫で行なっているが、2021年冬には完了する予定で、復元機の車両番号は「C11 123」に決定した。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ