ホームに止めた特急電車でシェアオフィス…『成田エクスプレス』を両国駅3番線に据え付け 11月27・28日に実証実験

『成田エクスプレス』の減便で運用減が続くE259系。シェアオフィスとして活用することで活路を見い出せるか?実証実験中の車内では、座席の電源コンセントやWiFiも利用できる。
『成田エクスプレス』の減便で運用減が続くE259系。シェアオフィスとして活用することで活路を見い出せるか?実証実験中の車内では、座席の電源コンセントやWiFiも利用できる。全 7 枚写真をすべて見る

JR東日本千葉支社は11月18日、総武本線両国駅(東京都墨田区)で鉄道車両を活用したシェアオフィスの実証実験を行なうと発表した。

これは、両国駅の臨時ホームである3番線ホームに、特急『成田エクスプレス』でおなじみのE259系特急型電車を留置して、車内をシェアオフィスとして利用してもらうというもの。

JR東日本千葉支社では、11月27日から千葉・幕張本郷・船橋・西船橋・海浜幕張・新浦安の各駅で「STATION WORK」と呼ばれる駅ナカシェアオフィス事業を開始する予定だが、働き方改革やテレワーク推奨の流れで鉄道車両を活用することで「既存の枠にとらわれない新たな価値やサービス」を提供したいとしている。

実証実験は11月27・28日の各日10~16時に行なわれ、利用料金は100円/15分(税抜)。利用申込みは11月20日12時から「STATION WORK」のウェブサイトで受け付ける。

各日とも利用開始5分前から受付を行ない、最終受付は15時45分となる。定員制のため座席の指定はできない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV