発表間近!? メルセデスベンツ Cクラス 次期型、ボディパネルがほぼ丸見え

メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツの主力モデル、『Cクラスセダン』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。これまでで最もカモフラージュが軽い状態で出現した車両からは、ワールドプレミアが急速に近づいていることがうかがい知れる。

ボディサイドパネルが完全に露出し、キャラクターラインがクロムトリムのドアハンドル上部、ベルトラインの真下へ配置され、現行型より目立たなくスッキリと進化している。また下部のキャラクターラインは大きな変更がなく、後部に近づくにつれ、緩やかにキックアップしている。

ヘッドラインはカモフラージュが残っているが、『CLS』や『Sクラス』新型など最新のメルセデスベンツの意匠にインスパイアしたデザインが予想される。またフロントグリルは現行型と比較しても拡大されている様子は伺えない。

メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
リアエンドではトランクリッドまで伸びる水平基調のデザインへ刷新、より広いボディ感を演出するはずだ。

コックピットでは、タブレットスタイルのインフォテイメントではなく、センターコンソールに統合されたタッチスクリーンを搭載。エアコン等HVACはメインディスプレイに統合されず、大画面の下に取り付けられたタッチセンシティブボタンのように見えるもので調整するようだ。

次期型には「MRA」プラットフォームのアップデート版を採用、ガソリン、ディーゼル、電動パワートレインに対応する。

パワートレインは、48Vマイルドハイブリッドの「EQブースト」をメインとし、エントリーモデルには、最高出力185psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド、最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、さらに100kmのEV走行を実現すると噂される直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドも有力だ。

Cクラスセダン次期型のデビューは、2021年初頭と予想され、その後はステーションワゴン、オールテレーン、クーペ、カブリオレなどが順次登場することになるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ