ウーバーの空飛ぶタクシー部門、トヨタ出資の米企業が買収

ジョビー・アビエーションのフル電動の垂直離着陸機(eVTOL)
ジョビー・アビエーションのフル電動の垂直離着陸機(eVTOL)全 1 枚写真をすべて見る

米国のジョビー・アビエーション(Joby Aviation)は12月8日、ライドシェアサービス最大手のウーバーの空飛ぶタクシー部門、ウーバー・エレベートを買収すると発表した。

ジョビー・アビエーションは、2009年に設立された航空宇宙企業だ。現在、米国カリフォルニア州に本社を置き、フル電動の垂直離着陸機(eVTOL)を開発している。このeVTOLは2023年に、手頃な価格の空飛ぶタクシーサービスとして、運用を開始する予定だ。4名の乗客を乗せて、1回の充電で最大240km飛行でき、320km/hで巡航できる。

このジョビー・アビエーションに関しては2020年1月、トヨタが3億9400万ドルを出資すると発表した。トヨタはジョビー・アビエーションとの協業において、自動車の開発・生産・アフターサービスで培った強みを生かし、今後、社会的ニーズが高まると予想される空のモビリティ事業の早期実現に向けた取り組みを開始する。

トヨタは、eVTOLの開発・製造における技術が、電動化、新素材、コネクティッドなどの分野において、次世代環境車の技術との共通点も多く、eVTOLが自動車事業との相乗効果を生かした新たなモビリティ事業に発展する可能性があると見込む。

なお、ジョビー・アビエーションは、ウーバー・エレベートを買収することにより、それぞれの事業を統合し、空飛ぶタクシーサービスの実用化を加速していく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ