フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕

フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕
フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕全 11 枚写真をすべて見る

2020年12月10日、イオンシネマみなとみらいなど、みなとみらい21地区にて、ユニフランス主催による「フランス映画祭2020 横浜」が開幕した。

毎年多くのフランス映画が日本で公開され、フランス映画と日本を繋ぐ掛け橋となっているフランス映画祭は今年で28回目を迎え、今年は12月10~13日の4日間開催される。

日産グローバル本社ギャラリーでは、オープニングセレモニーが開催され、フェスティバルミューズの米倉涼子、横浜市長の林文子氏、駐日フランス大使のフィリップ・セトン氏、日産自動車の内田誠代表執行役社長兼最高経営責任者が登壇し、あいさつを行った。

今年は新型コロナウイルス感染予防対策として、みなとみらいホールでのオープニングセレモニーを中止し、日産グローバル本社ギャラリーにて、マスコミと招待客のみで開催。オープニング上映は、イオンシネマみなとみらいにて、客席を制限して実施。またワールドポーターズの特設会場では、日産『リーフ』によるドライブ・イン・シアターを設置し、観客同士の接触を避け、車から降りることなく映画を楽しめる試みがなされている。

左はユニフランス代表、ダニエラ・エルストナー氏、右はユニフランス会長、セルジュ・トゥビアナ氏。左はユニフランス代表、ダニエラ・エルストナー氏、右はユニフランス会長、セルジュ・トゥビアナ氏。

今回はコロナ禍ということもあり、主催者であるセルジュ・トゥビアナ氏(ユニフランス会長)、ダニエラ・エルストナー氏(ユニフランス代表)、そして本年度映画祭のフランス代表であるイザベル・ユペール氏(フランス代表/「ゴッドマザー」主演女優)は、メッセージ映像での参加となった。

トゥビアナ氏、エルストナー氏はメッセージ動画にて、「6月には今年の映画祭の開催は不可能だと考えていたが、日仏のスタッフが一丸となったことで、開催することができた。今年は10作品を公開予定だが、既に9作品は日本での公開が決定している」と述べる。

今回公開される社会派コメディー作品「ゴッドマザー」主演女優のイザベル・ユペール氏。今回公開される社会派コメディー作品「ゴッドマザー」主演女優のイザベル・ユペール氏。

「林市長が映画祭開催に向けて御尽力くださったことに感謝している。ミューズである米倉氏は、フランス映画への愛と親しみを話してくださっていた。我々の代わりに映画祭を支えてくださるのは米倉氏だ。フランス映画祭を支えてくださっている重要なパートナーである日産自動車、社長である内田氏、そしてスタッフの皆さまには大変感謝している」

次に『ゴッドマザー』主演女優イザベル・ユペールのメッセージ動画が公開された。

フェスティバルミューズとして米倉涼子さんは、鮮やかな水色の着物で登場。フェスティバルミューズとして米倉涼子さんは、鮮やかな水色の着物で登場。

「フランス映画祭や日本への思いはたくさんある。ジョゼフ・ロージ監督の『鱒』の公開時に初めて訪れ、魅了された。今回また日本とかかわりが持てることは大きな喜びで、尊敬する日本の監督の方々といつかお仕事をするのが夢だ」

「映画祭を訪れた友人の多くが林市長は映画に熱心な方だと教えてくれた。映画祭の開催に尽力してくださった林市長には感謝したい。また素晴らしい才能とキャリアに恵まれたミューズである米倉さんには、監督や俳優の代わりに、映画祭の開催期間中、特別なきずなの象徴となってもらいたい」

フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕

そしてフェスティバルミューズの米倉涼子が登壇、「今年はコロナ禍で、日本だけでなく世界中でつらい経験をされた方が多いと思う。そんな中で映画というエンターテイメントは、我々の希望でもある。日本とフランスの文化交流の火を絶やすことなく映画祭が開催できることを大変うれしく思っている」と述べた。

続けて、横浜市の林文市長、駐日フランス大使のセトン大使、日産自動車の内田社長も登壇。

フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕フェスティバルミューズとして米倉涼子が登場 「フランス映画祭2020横浜」開幕

林市長は「トゥビアナ氏、エルストナー氏のメッセージ動画でも感じられたかと思うが、フランスの映画に関わる人たちは非常に真摯で、情熱的でどんなに映画を愛しているかがよくわかる。セトン大使には、開催にあたって大変大きなお力添えを頂いた」と語った。

「日産自動車の内田社長には、このグローバル本社のギャラリーをお貸しいただき、またコロナ禍で開催がなかなか難しいと考えていたときに、『やっちゃえNISSAN』になぞらえ『やっちゃえ横浜!』と背中を押してくださった。このように、たくさんの方々のお力添えで12月に開催することができた。これからも末永く続くように横浜市としては尽力していきたい」

横浜市長の林文子氏。横浜市長の林文子氏。

セトン大使は「このような映画祭に参加するのは、私としては初めての経験だ。今回は開催が危ぶまれていたが、関係者の皆さまが尽力されていたことを十分に感じられた」と述べる。

「このフランス映画祭は日本の多くの映画ファンの方が楽しみにしてくださっているということ、そして日本で開催されるフランスの文化関係の催しの中でも重要なものだということも承知している。今回の開催に関して、林市長、日産自動車の内田社長には、大きなお力添えをいただいたことに感謝したい。また米倉涼子さんには、ミューズになっていただいているが、彼女以上にミューズにふさわしい方はいないと考えている」

駐日フランス大使のフィリップ・セトン氏。駐日フランス大使のフィリップ・セトン氏。

日産自動車の内田社長は、「コロナ禍ではあるが、映画祭を開催することで、人を通して元気になれる活動だと感じている。今回の映画祭では、日本で初めてだと思うが、すべて電気自動車によるドライブ・イン・シアターの開催を予定している。車というパーソナルスペースを用いることで、安心してエンターテイメントを楽しんでいただける上に、排ガスを一切排出しないため、クリーンで環境に優しい試みだと思っている。ゼロカーボンを掲げている横浜でこのような取り組みができることをうれしく思う」と締めくくった。

《関口敬文》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ