ヤマハ YZF-R3/R25、2021年モデル発売へ トレンドカラー「シアン」を採用

ヤマハ YZF-R3 ABS(シアン)
ヤマハ YZF-R3 ABS(シアン)全 9 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、スーパースポーツ『YZF-R3 ABS』および『YZF-R25 ABS』のカラーリングを変更。新色「シアン」を採用した2021年モデルを1月15日より発売する。

水冷4ストロークDOHC直列2気筒320cc/249ccエンジンを搭載するYZF-R3 ABS/YZF-R25 ABSは、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発。スポーティなスタイリングと走行性能に加えて、日常での扱いやすさを兼ね備え、20代を中心とした若年層に支持されているモデルだ。

新色シアンは、スポーツアイテムのトレンドカラーを取り入れ、またホイールやグラフィックにはビビッドなバーミリオンを採用することで新たなスポーツカジュアルを提案するカラーリングとした。マットダークグレーは従来のマットブラックから濃色のマットダークグレーメタリックに変更することで、よりスポーティかつ質感の高いイメージへと一新した。 なお、ブルーは継続販売する。

価格は据え置きで、YZF-R3 ABSが68万7500円、YZF-R25 ABSが65万4500円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ