アウディ A7スポーツバック がラグジュアリーセダンに転身!? 「A7L」登場の可能性

アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚写真をすべて見る

アウディの上級4ドアクーペ『A7スポーツバック』にセダンが登場する!? スクープサイト「Spyder7」がその開発車両の姿をスクープした。

初代A7スポーツバックは、2009年のデトロイトモーターショーで「スポーツバックコンセプト」として登場、翌2010年に発売された。第2世代となる現行型は2018年に発売されている。ボディスタイルは初代からハッチバックを持つ4ドアクーペのみで、セダンは初設定となる。

捉えたプロトタイプは、ヘッドライトやバンパーなどのフロントエンド、LEDテールライトなどリアエンドもガードされており、専用のデザインが与えられる可能性がありそうだ。

注目は、Aピラー以降の変化だろう。拡張されたホイールベース、より長いリアドアが見てとれるほか、ルーフはテールエンドまで伸びず、独立したトランクルームを持つセダンボディが確認できる。市販型では、2015年に導入された「MLB Evo」プラットフォームを採用、長いホイールベースを持つセダンの需要が高い中国市場向けに「A7L」として登場する可能性が高い。

アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、最高出力190psから240ps、最大トルク320Nmから370Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンをラインアップ。遅れてハイブリッドが設定される可能性もある。駆動方式のベースは前輪駆動で、7速Sトロニックトランスミッションに接続される。

A7セダン「A7L」のデビューは2021年前半で、上海の新工場「SAIC-VW」にて、年間6000台を目指すという。

アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)アウディ A7L プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ