ホンダ MotoGP、2020年シーズンは「完敗」するも満足! 負から学んだ多くを糧に3冠奪還へ 総括会見

MotoGP 2021年シーズンに臨むホンダ
MotoGP 2021年シーズンに臨むホンダ全 24 枚写真をすべて見る

ホンダは2021年1月8日、オンラインにて2020年シーズン MotoGP合同取材会を開催。新型コロナウイルスの感染拡大や、エースライダー、マルク・マルケス選手の怪我による離脱など、様々な要因が重なったことで苦戦した昨シーズンの振り返りを行った。

同取材会に登壇したのは、ホンダレーシング取締役レース運営室長桒田哲宏氏と、開発室RC213V 20YM開発責任者子安剛裕氏の2名。

まずは、2020年シリーズの総括として桒田氏は、「未勝利に終わった2020年は、ひとことで表すと完敗のシーズンでしたが、その負けにより多くの学びもあった1年でした。そしてそれらは、今シーズンに繋がるものになったと考えています」と、コメントした。

2020年シリーズのホンダの戦績は、中上貴晶 選手がランキング10位、アレックス・マルケス選手がランキング14位、カル・クラッチロー選手がランキング18位、ステファン・ブラドル選手がランキング19位、コンストラクターランキングは5位となっている。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、MotoGPクラスの開幕戦となった第2戦スペインGPでクラッシュし、負傷したことでマルク・マルケス選手が離脱。シリーズ前半は苦戦を強いられたホンダ勢だったが、徐々に調子を上げていくことに成功。中上選手の初ポールポジション獲得や、アレックス・マルケス選手の表彰台など、勝利こそできなかったものの、ライダーそれぞれの高いポテンシャルを示すシーズンとなった。

そんな、シーズン前半の不調について、桒田氏は次のように説明する。

「まず、ウィンターテストから始まって、新しいリアタイヤにかなり苦しめられ、カタールテストまで苦戦を強いられました。その後も、新型コロナウイルスの感染拡大により、テストやレースがすべてキャンセルになるという難しい状況に陥るなかで、マシンの開発を進めて行きました」

「そして、なんとかいい状態に仕上げられたマシンを開幕戦のへレスに投入し、マルク・マルケス選手が圧巻の走りを見せてくれるも負傷。その後は2020年シーズンのRC213Vのポテンシャルを引き出してくれるライダーがなかなか現れず、どうすれば我々のマシンのポテンシャルを他のライダーに引き出してもらえるのかを考え続けた1年でもありました」

マシン開発については、子安氏が説明。「基本的には、エンジン、車体など、すべてにおいて見直しを行いました」と、始めた。「2020年の開発コンセプトのひとつに、加速力や最高速など動力性能の向上があり、昨今開発が進められているウィングなどのエアロ領域の開発を、ウィリーを抑制することでダウンフォースを稼ぐという方向でやっていきました」。

「その主題に対しては達成できたのですが、一方で旋回領域に悪影響が出ていることが開幕直前のカタールテストで発覚。開幕までに時間がなかったことから、2019年型のウィングに戻すことになり、その領域に関してはシーズン中に開発を進める計画となっていました」

「しかし、新型コロナウィルスの影響でレギュレーションも変わってしまい、達成できていません」と、2020年モデルの開発の遅れを振り返った。

さらに、ホンダとしての各ライダーへの評価も発表。

中上選手については、「マシンをどうすれば速く走らせることができるのかという点に重点を置き、開発陣と共にデータを見ながら試行錯誤。それをすべて自分のモノにするというような、我々のマシンのポテンシャルを引き出せるスキルを身に付けてくれ、彼のポテンシャルの高さを感じました」と、コメント。

アレックス・マルケス選手についても、「ルーキーイヤーということで、シーズン後半でトップ5に入っていければいいかなという一つの目標を立てていましたが、結果的には期待以上でした。そういう意味では彼にとってもいい1年だったし、我々も結果には満足しています」と評価した。

マルケス選手の代役として参戦したステファン・ブラドル選手については「昨シーズンの全MotoGPライダーのなかで、彼が一番距離を走ったライダーかもしれません。レースもテストも両方やってくれているので、非常にフィジカルの厳しい状態のなかで、しかもコロナ明けでテストもなく、いきなりレースに来てもらったということもあって、最初はかなり厳しい環境ではあったのですが、それもすぐに克服してくれました。最終戦では10位以内に入るというスピードも見せてくれているので、とても感謝しています」と、コメントした。

また、ホンダからの離脱が発表されているカル・クラッチロー選手については、「クラッチロー選手は、昨年は怪我に泣かされたシーズンとなってしまい、彼が本来持っているスピードを100%発揮できませんでした。それでも、所々では速さを見せていて、彼はやはりポテンシャルのあるライダーだという感じました。彼の新しい道を、心から応援したいと思っています」と、感謝を述べた。

ちなみに、マルク・マルケス選手の動向については、今季に間に合うように調整中とはするものの、人間の体のことなので絶対はないと、今季の参戦についての明言を避け、少し不安を残すも「まずは去年の結果を受け入れ、開発側としてはチャレンジャーとして、動力性能や車体性能をしっかりと見直していきたい。今年は当然3冠奪還が一番の目標となります。昨年はホンダの強さを見せられなかったので、やっぱりホンダは強いんだというのを見ているお客さんに感じてもらえるようなレースをしたい」と、勝つことへのこだわりを覗かせた。

今季のホンダ陣営は、レプソル・ホンダ・チームからマルク・マルケス選手とポル・エスパルガロ選手、LCRホンダからは中上貴晶選手とアレックス・マルケス選手という布陣でチャンピオン奪還に挑むことが発表されている。

《先川知香》

ピックアップ