自動運転/AI技術開発用「RoboCar 1/10X」、ROS for Windows対応版を発売

RoboCar 1/10X システム構成
RoboCar 1/10X システム構成全 2 枚写真をすべて見る

ZMPは、Windows版ROS(Robot Operating System)に対応した自動運転/AI技術開発用ロボットカー「RoboCar 1/10X」の販売を開始した。

2020年12月より販売を開始したRoboCar1/10XはNVIDIA Jetson Xavier開発者キットを採用し、ロボット用オープンソースソフトウェアROSに対応した実車1/10スケールのロボットカー。自動運転・AI技術の開発や研修・教育用途で自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関で利用されている。

今回、ソフトウェア開発環境として、Windows上で稼働する「ROS for Windows」に対応することで、従来のLinuxだけではなく、Windows環境での開発にも対応した。

価格(税抜)は180万円、アカデミックは144万円。なお、RoboCar 1/10X利用者には、ROS for Windows版ソフトウェアを無償で提供する。

RoboCar 1/10X センサ構成 (写真左:フロント、写真中:サイド、写真右:バック)RoboCar 1/10X センサ構成 (写真左:フロント、写真中:サイド、写真右:バック)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ