GMとマイクロソフト、戦略的提携…自動運転車を実用化へ

GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「オリジン」
GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「オリジン」全 5 枚写真をすべて見る

GM (General Motors)は1月19日、マイクロソフト(Microsoft)と長期的な戦略的提携を結び、自動運転車を実用化すると発表した。

両社は、ソフトウェアとハードウェアのエンジニアリング、クラウドコンピューティング機能、生産面でのノウハウなどを組み合わせて、誰にとってもより安全でクリーンでアクセスしやすい自動運転車を実用化していく。

GMの自動運転開発部門の「クルーズ」は、マイクロソフトのクラウド&エッジコンピューティングプラットフォームの「Azure」を活用して、独自の自動運転車を大規模に商品化する。

GMは、優先パブリッククラウドプロバイダーとして、マイクロソフトと協力し、ストレージ、人工知能(AI)、機械学習機能などのデジタル化を加速する。GMは、デジタルサプライチェーンの運用を合理化し、生産性を高め、新しいモビリティサービスを顧客に迅速に提供するために、マイクロソフトとの協業の機会を模索していく。

GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「オリジン」GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「オリジン」

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、「デジタルテクノロジーの進歩により、人やモノの移動手段など、仕事や生活のあらゆる面が再定義されている。GMとクルーズが推奨するクラウドとして、Azureのパワーを活用して規模を拡大し、自動運転を実用化していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ