ZFのEV向けブレーキ、VWの「ID.」シリーズに採用…回生システムで航続伸ばす

VWの「ID.」シリーズに採用されたZFのEV向けブレーキ
VWの「ID.」シリーズに採用されたZFのEV向けブレーキ全 5 枚写真をすべて見る

ZFは1月26日、フォルクスワーゲンの『ID.3』と『ID.4』に、ZFのEV向けブレーキシステムが採用された、と発表した。

ZFのEV向けブレーキシステムは、最適化されたソフトウェアインターフェイスにより、フォルクスワーゲンの新世代EV向けアーキテクチャの「MEB」に簡単に組み込むことができる。ZFのソリューションは、機械部品をソフトウェアに置き換え、重量とコストを削減している。

さらに、ブレーキエネルギー回生システムを最適化することにより、EVの航続と日常の使いやすさを向上させているという。ZFのシステムは、自動ブレーキなどの先進運転支援システム(ADAS)もサポートしている。

ZFのEV向けブレーキは、電動ブレーキブースターの「EBB」に、最新世代の「ESC」を組み合わせたシステムだ。EBBとESCは、コンパクトカーからSUV、小型商用車まで、幅広い車両に対応する。EBBとESCは、とくに濡れた状態において、車両を安定させる効果を発揮する。

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

なお、ZFのEV向けブレーキは、フォルクスワーゲンのMEBプラットフォームをベースとするすべてのEVに採用される予定、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ