2階に乗り入れる路面電車…広島駅の新駅ビルが3月に着工 2025年春完成予定

広島電鉄の路面電車が高架から乗り入れる2階広場のイメージ。
広島電鉄の路面電車が高架から乗り入れる2階広場のイメージ。全 6 枚写真をすべて見る

JR西日本など4者は2月18日、広島新駅ビルのデザインを明らかにした。

広島新駅ビルの建設事業は、2020年4月から広島市の「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」に基づき進められてきたが、現駅ビルの撤去や新駅ビルの設計が予定どおり進んだとして、3月から建設に着手することになった。完成は2025年春を予定。

「広島・せとうちの玄関にふさわしく、広島に新たな賑わいや交流、感動を創出する施設となること」を目指しているこの駅ビルは、地上20階・地下1階建てで、1階は駅前広場、2階は広島電鉄の路面電車が乗り入れる象徴的な広場となる。

また、7~9階は重層的につながる屋上広場となり、広島電鉄が通る高架線(駅前大橋ルート)の直上に位置する7階からは、路面電車や広島市街を一望できるという。

なお、広島電鉄の新駅ビル乗入れは、2019年10月に軌道事業の特許申請が運輸審議会で認定されており、実現すると、JR線との乗換えが現行より1分程度短縮されるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ