ジープ ラングラー に40年ぶりのV8、470馬力『ルビコン392』…3月米国発売

車高はおよそ50mmアップ

アイドリング回転域からピークトルクの75%を引き出すV8

渡河性能は最大で水深82センチ

ジープ・ラングラー・ルビコン 392
ジープ・ラングラー・ルビコン 392全 20 枚写真をすべて見る

ステランティス傘下のジープブランドは2月24日、『ラングラー・ルビコン392』(Jeep Wrangler Rubicon 392)の発売記念車の米国ベース価格を、7万3500ドル(約780万円)と発表した。3月末までに米国市場で発売される予定だ。

ラングラー・ルビコン392は、ジープブランドにとって、およそ40年ぶりのV型8気筒エンジン搭載車だ。ラングラーの歴史をたどると、市販モデルでV8エンジンを搭載していたのは、1981年のジープ『CJ』が最後だった。当時の5.0リットルV8エンジンは最大出力125hp、最大トルク30.4kgmを発生していた。

ジープのファンからは近年、V8エンジン搭載の『ラングラー』を求める声が多く寄せられていたという。そこでジープは、ラングラー・ルビコン392を発表した。車名の「392」とは、V8エンジンの排気量の6.4リットルが、392立方インチであることに由来する。

車高はおよそ50mmアップ

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

ラングラー・ルビコン392は、大胆なデザイン、ワイドなトレッド、台形のホイールフレアで、ラングラーのオリジナルのデザインテーマを維持している。車高は工場出荷時に約50mm引き上げられ、個性と存在感が強調された。

ラングラー・ルビコン392は、史上最強のラングラーをアピールするブロンズのアクセントを採用した。ブロンズのアクセントは、ボンネットの文字、フロントとリアの牽引フック、FOX製ショックアブソーバーなどに配されている。ブロンズ仕上げのホイールのサイズは17× 7.5インチとした。

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

ピックアップトラックの『グラディエーター』から採用された40mm隆起したボンネットフードは、アグレッシブな雰囲気を放つ。「392」のバッジが付いており、歴代ラングラーで最も排気量が大きいことを示している。

革張りのインテリアには、ブロンズステッチが施されている。レザーシートは、「Rubicon 392」のロゴ入り。このレザーシートは、アッパーボルスターでドライバーの快適性とホールド性を高めている。

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

アイドリング回転域からピークトルクの75%を引き出すV8

排気量6.4リットルのV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力470hp、最大トルク65kgmを獲得する。コンセプトカーの『ラングラー・ルビコン392コンセプト』の最大出力450hp、最大トルク62.2kgmから、パワーは20hp、トルクは2.8kgm引き上げられた。470hpの最大出力は、ラングラー史上最強という。

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

オンロードとオフロードのパフォーマンスにとって重要なのは、V8エンジンのピークトルクのおよそ75%が、ほぼアイドリング回転数の領域から得られることだ。これにより、0~96km/h加速4.5秒の加速性能や、急勾配でのエキサイティングなパフォーマンスを可能にしている。

このV8エンジンには、気筒休止テクノロジーを採用する。高速道路でのクルージングなど、エンジン負荷が少ない場合に、8気筒の半分の4気筒を休止する。燃料タンクに取り付けられた高性能ポンプは、過酷な条件下でもV8エンジンに燃料を供給し続ける。

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

トランスミッションは、パフォーマンスを重視した高トルク対応の8速AT「TorqueFlite8HP75」。走行条件に応じて、素早いギアチェンジを実現する。8速ATのギア比は、オフロードから高速道路まで対応する最適な設定とした。各ギア間のステップを、小さくしている。

渡河性能は最大で水深82センチ

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

発売記念車には、「アクティブデュアルモードエキゾースト」を標準装備した。システムは自動的に作動し、エンジン負荷が高い時、排気システムのバルブを開き、排気背圧を低減する。ドライバーはボタンを押して、システムを作動させることも可能だ。デュアルパイプパフォーマンスエキゾーストシステムには、クワッドテールパイプが備わる。

また、発売記念車には、「Hydro-Guide」と呼ばれるエアインテークシステムを装備した。このエアインテークシステムは、フードスクープにつながっており、V8エンジンに冷却用の外気を取り入れる。渡河性能は、最大で水深82センチとしている。

ジープ・ラングラー・ルビコン 392ジープ・ラングラー・ルビコン 392

さらに、発売記念車には、ボディ同色のハードトップとワイドフェンダー、スチールバンパー、LEDライト、パドルシフト付きのスポーツステアリングホイール、レザー製パフォーマンスシートなどが装備されている。

《森脇稔》

【画像】ジープ ラングラー に40年ぶりのV8、470馬力『ルビコン392』…3月米国発売(20枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  2. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  3. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  4. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  5. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  6. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  7. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  8. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  10. 今ならもっと売れたかも? RVブームに登場したコンパクトカー6選【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る