審査員は女性だけ、「ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー」…ホンダe とレクサス LC 選出

ホンダe(欧州仕様)
ホンダe(欧州仕様)全 7 枚写真をすべて見る

「ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー」は2月25日、9部門の「2021ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー」を発表した。

女性のみが選考に参加できる世界で唯一の自動車賞が、ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤーだ。世界5大陸38か国の50名の女性自動車ジャーナリストが、2020年に発売された新型車の中から、9部門ごとに最高の1台を選出した。

9部門の2021ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤーの結果は以下の通り。

ベストアーバンカー プジョー208
ベストファミリーカー シュコダ・オクタビア
ベストラグジュアリーカー レクサスLC500コンバーチブル
ベストスポーツカー フェラーリF8スパイダー
ベストアーバンSUV プジョー2008
ベストミディアムSUV ランドローバー・ディフェンダー
ベストラージSUV キア・ソレント
ベスト4×4&ピックアップ フォードF-150
ベストEV ホンダe

レクサスLC500コンバーチブル(北米仕様)レクサスLC500コンバーチブル(北米仕様)

日本メーカー車では、ベストEVにホンダの『ホンダe』、ベストラグジュアリーカーにレクサス『LC500コンバーチブル』が選出された。

また、欧州メーカー車では、ベストアーバンカーにプジョー『208』、ベストファミリーカーにシュコダ『オクタビア』、ベストスポーツカーにフェラーリ『F8スパイダー』、ベストアーバンSUVにプジョー『2008』、ベストミディアムSUVにランドローバー『ディフェンダー』が選出されている。

フェラーリF8スパイダーフェラーリF8スパイダー

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ