【メルセデスベンツ EQA】上野社長「すべてにおいて安心できるクオリティを備えている」

メルセデスベンツ EQA
メルセデスベンツ EQA全 9 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は4月26日、新型電気自動車『EQA』を発売した。価格は640万円。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長はオンライン発表会で「すべてにおいて安心できるクオリティを備えているということがEQAの優位性」と述べた。

上野社長は「EQAは2019年に発表した『EQC』に次ぐ、メルセデスとして2つめの純電気自動車。安心して電気自動車のあるライフスタイルをお楽しみ頂けるメルセデスらしい1台に仕上がっている」と紹介。

具体的には「EQAはスタイリッシュでありながら力強いメルセデスベンツの都市型SUVのプロポーションを身にまとった電気自動車。車幅が約183cmと都市部でも持て余さない丁度良いサイズ感でありながら、車高が高く荷物を載せやすく乗り降りしやすいというSUVの利点を合わせ持つ高い利便性が特徴。航続距離も422kmと本格的な電気自動車の性能を持っている」と解説した。

ちなみにEQAのボディスペックは全長4465mm、全幅1835mm、全高1625mmとなっている。フロントアクスルにモーターを搭載し、最高出力190馬力、最大トルク370Nmを発生する。

メルセデスベンツ EQAメルセデスベンツ EQA

また上野社長は「もちろんメルセデスベンツにふさわしい安全性、快適性、スムースさ、そして充実の安全運転支援システムも兼ね備えている。このすべてにおいて安心できるクオリティを備えているということがEQAの優位性であり、これから電気自動車を初めてご検討頂くお客様にとっても、選びやすいモデルだと考えている」と強調。

さらに「電気自動車の新しい楽しさとメルセデスらしい快適性やそのスムースさ、そして電気自動車の中で今までありそうだったけど実はなかった、この街中でも使いやすいセグメントのクルマ。本格的な構造距離を持ったクルマ。そのすべてをEQAは兼ね備えている。そういうふうな1台に仕上がっていると思う。そしてまたそれがEQAの特徴」とも付け加えた。

メルセデスベンツ EQAメルセデスベンツ EQA

メルセデスの電気自動車ブランドであるEQを巡っては、4月に入り『EQS』や『EQB』が相次いでワールドプレミアされたが、上野社長は「日本でお披露目できるのは来年以降となるが、お客様のニーズにあった商品展開を前提としながら今後、電気自動車やプラグインハイブリッドのラインアップを増やしていく」との見通しを語っていた。

《小松哲也》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ