ポールスターが国際デザインコンテスト、テーマは「未来の電動モビリティ」 募集開始

ポールスターの「2021年グローバルデザインコンテスト」のイメージ
ポールスターの「2021年グローバルデザインコンテスト」のイメージ全 5 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーのポールスター(Polestar)は6月7日、「2021年グローバルデザインコンテスト」を開催すると発表した。

ポールスターは、デザインをブランドのアイデンティティのひとつに位置づけている。コンテストの2021年のテーマは、「電動モビリティをより社会的かつ進歩的で持続可能な未来へと導く最も創造的なアイデアを見つけること」。それは、自動車である必要はないという。

コンテストでは、ポールスターのデザイナーが、選考に残った作品を現実化することを支援する。コンテストには学生とプロのカテゴリーがあり、最初のデザインはスケッチまたはデジタル形式で提出する。

作品は、世界的な気候変動危機への対応を含めて、社会に前向きな変化を促すことができる新しい考え方を提示する必要があるという。

ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品

コンテストの受賞者は、ポールスターの中国またはスウェーデンの本社に招待され、デザインエキシビションに出席する。各カテゴリーの受賞作品は、5分の1サイズのスケールモデル化され、全世界の「ポールスタースペース」 において、巡回展示される予定だ。

なお、前回の第1回(2020年)のコンテストでは、世界中から600を超える応募があった。作品には、歩行用の人工ばね板ブレードから自律ポッド、豪華なヨットまで、さまざまなデザインコンセプトが含まれていた。

ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品

受賞作品のひとつが、ポールスターのデザイン精神と21世紀の航空アプローチを組み合わせた20年先を見据えた飛行船だった、としている。

コンテストの専用ウェブページが開設されている。

ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品ポールスターの「2020年グローバルデザインコンテスト」(前回)の作品

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ