最後のエンジン車&史上初のEVを同時スクープ!BMW 5シリーズ 次期型

BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ。ボディサイドには「エレクトリックテスト車(EV)」の文字が(スクープ写真)
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ。ボディサイドには「エレクトリックテスト車(EV)」の文字が(スクープ写真)全 31 枚

次期型『7シリーズ』のスクープ情報でにぎわっているBMWだが、今回は主力ミドルセダン『5シリーズ』の次期型に関する最新情報をつかんだ。スクープサイト「Spyder7」が捉えた2台のプロトタイプ車両の姿とともにお伝えする。

欧州Eセグメントの5シリーズは1972年に初代が登場、現行型となる第7世代は2017年から販売されている。次期型は2023年内のデビューが予想されており、6年ぶりのフルモデルチェンジとなりそうだ。

捉えた第8世代「G60」のプロトタイプ車両は、ボディを完全にカモフラージュしているが、現行型よりボディが長い印象を受ける。長いノーズ、切り詰められたフロントオーバーハング、筋肉質のフェンダー、ウィンドウアウトラインの「ホフマイスターキンク」などが確認できる。またボディサイドには『i4』と同じ格納式のドアハンドルを採用している。

BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
フロントエンドを見ると、グリルはさほど巨大化はされていないようだ。デザイナーのクリス・バングル氏が手がけたE60(2003-2010)を彷彿させるボンネットラインが見てとれる。スリムになったヘッドライトの中はダミーだが、『X7』や『7シリーズ』のような上下2段のスプリットタイプではないようにも見える。テールライトはより薄く、おそらくLEDストリップにつながるデザインとなるだろう。

次期型5シリーズは、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド(PHEV)、そしてフルエレクトリック(EV)を揃える。内燃機関を搭載する最後の5シリーズになるとともに、フルEVのパワートレインを備える最初の5シリーズとなる。

今回捉えた2台のプロトタイプだが、1台はフロントドアに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、もう1台はリアバンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーがみられるほか、ドライバー側のフロントフェンダーに充電ポート、リアバンパーにデュアルエキゾーストパイプを装備していることからも、これらがEVバージョンとPHEVバージョンとであると思われる。

車内では、i4でみられる12.3インチのドライバーディスプレイと14.9インチのインフォテイメントを備えたデュアルスクリーンセットアップを採用、キャビンが完全に刷新されるだろう。

EVバージョンとなる「i5」(仮称)では、「iX xDriv40」と仕様の一部を共有するとみられ、リアに電気モーター、オプションでフロント車軸にもう1つを搭載、出力合計で300hpを発揮し、0-100km/h加速は6秒のパフォーマンスが予想される。また70kWhバッテリーパックを積み、1回の充電による後続は400km以上となる。

ステーションワゴンの「ツーリング」にもEVバージョンが設定されるかは現段階では不明だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  4. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  5. マツダ CXシリーズの長男、『CX-9』に2022年型…全車2.5ターボ+AWDに
  6. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  7. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  8. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  9. ホンダの新オフロード仕様、「トレイルスポーツ」…第一弾『パスポート』は今冬米国発売へ
  10. ジープ ラングラー、欧州はPHVのみに…2022年モデル
ランキングをもっと見る