東京モーターショー2021は史上最高のイベントになっていた?…出品車予想がすごい

東京モーターショー2019
東京モーターショー2019全 6 枚

『ベストカー』11月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:450円(本体409円+税)

この時期、本来だったら開催されるはずだった東京モーターショー。新型コロナウイルス感染症の流行で中止となったが、代わって自動車媒体は各誌「誌上モーターショー」を展開しており、『ベストカー』は11月10日号で開催だ。もし現実に開催されたら出展されていたはずのクルマたちを紹介している。

誌面登場順で、まずスバル『WRX STI』、トヨタ『大型&高級ミニバン』コンセプト、同新型『アルファード』、日産『ミッドシップスポーツ』……。ミッドシップスポーツはトヨタも出展予定だったとの予想。スポーツでは三菱『アウトランダーPHEVエボ』、公式に新型車戦略が発表されているマツダからは新型『CX-5』と新型『CX-8』のSUVが2車種。

『ベストカー』の予想ではトヨタ『クラウン』新型、日産『GT-R』新型、同『スカイライン』新型、同『エルグランド』新型、スバル『インプレッサ』新型なども、参考出品ながら東京モーターショーに現れていたはず、という。もし実現していたら、百花繚乱、すばらしいモーターショーになっていたことだろう。

東京モーターショーの中止は4月に発表されたが、実際のところ準備はどこまで進んでいたか、『ベストカー』編集部はメーカーに取材している。その回答は……? 「東京モーターショー事件簿」は、歴史を振り返る座談会が面白い。

気になる見出し……●ベストカー誌上 東京モーターショー2021●カローラクロス初試乗!!●Go Forward! NEW CAR試乗●東京モーターショー事件簿●ロールスロイス&テスラを探せ!!●SUV&クロスオーバーALLカタログ●クルマ名著傑作選『ベストカー』11月10日号『ベストカー』11月10日号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. タイヤもサブスクで利用する時代! ブリヂストンの「Mobox」3つのメリットとはPR
  4. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  5. トヨタ ノア&ヴォクシー 新型、ティザーページが開設 デビューは2022年1月
  6. サイレンが鳴らない!! トヨタ、クラウンパトカーをリコール
  7. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  8. ジープ ラングラー、欧州はPHVのみに…2022年モデル
  9. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  10. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
ランキングをもっと見る