電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】

日産GT-R
日産GT-R全 8 枚

「カーボンニュートラル」がトレンドで、自動車は電動化される。はい、そうですね。で終わってしまうのも見識がなさすぎる(?)ので、この車は電動化してはいけない、というものをレスポンス読者にアンケートで尋ねた。得票数1位は日産『GT-R』となった。

フルモデルチェンジせず、毎年の年次改良で熟成の度を増しながら生産が続けられている、日本が世界に誇りうるスポーツカーがGT-Rだ。2位は僅差でマツダ『ロードスター』。スポーツカーの本質、あるいは車の本質を「内燃機関」に求める読者は多い。

3位はトヨタ『ランドクルーザー』。「電動化した時点でランドクルーザーではなくなる」とのコメントもあった。ランドクルーザーと合算したが、「ランドクルーザー70」とした人もいた。“ナナマル”はランクルのヘビーデューティ向けだ。ガソリンが燃料として重宝された理由に可搬性、保存性、エネルギー密度に優れていることがあり、つまりジェリカン積んで砂漠を突っ切って行くように、クロスカントリーと内燃機関は相性がいいはずだ。もっとも、アンケート結果ではランクル以外のSUVは上位に来なかったので、そういった理解は読者の間では希薄なようだ。

4位は日産『フェアレディZ』。淑女もいまや内燃機関の車として認識されているのだ。マツダのロードスターは電動化して欲しい車種でもランキング上位に来たが、電動フェアレディZは票が少なかった。続いて電動化してはいけない5位はスバル『レヴォーグ』で、これは電動化希望でも上位。スバル・レヴォーグスバル・レヴォーグ

内燃機関で残して欲しい車の6位はケーターハム『スーパー7』とスズキ『ジムニー』がタイ。スポーツカーと内燃機関とは切っても切れない。いっぽう電動化してはいけない車は「ない」とし、「電動化してもパワーやハンドリング、人馬一体感など、ドライバビリティや運転する楽しさは担保できるはず」とコメントした人もいた。ケーターハム・セブン170ケーターハム・セブン170

電動化してはいけない車名ではなくブランドを挙げた人もいて、フェラーリ、ランボルギーニ、ハーレーダビッドソンなど。ただ、フェラーリもランボルギーニもすでにハイブリッドをラインナップしており、ハーレーは電動バイクを商品化している数少ないメーカーだ。

以上が、こいつはCO2と騒音をまきちらしながら生き延びろ、周囲の人が眉をひそめるなら、それが存在意義だ、と読者が考えるクルマだ。

レスポンス読者が、電動化すべきだと思う車種で、得票数がいちばん多かったのは……

これからどうなるEV/PHEV? 自動車工業会の豊田章男会長は、急速なEV普及は、国内約550万人の雇用に影響を及ぼすとし、また現在の電源構成比では火力発電の……

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  4. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  5. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  6. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  7. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
  8. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  9. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  10. 伊藤かずえの『シーマ』レストア完了…12月7日YouTube生配信で完成車を披露
ランキングをもっと見る