フェラーリ初のクロスオーバー車『プロサングエ』、ついに生産型ボディを目撃

フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 18 枚

フェラーリが開発を進めているブランド史上初となるクロスオーバー『プロサングエ』。そのプロダクションモデルがついに姿を見せた。スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えることに成功した。

プロサングエの開発車両は、2018年に『GTC4ルッソ』のテストミュールとして初めて目撃された。その後2020年後半からはマセラティ『レヴァンテ』のボディをまとって出現するなど、これまで数年間にわたりスクープしてきたが、ついに生産型ボディを目撃した。

フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

韓国車のように布やクラッディングで完全カモフラージュされているが、ロングノーズ、湾曲したフード、コンパクトでシャープなヘッドライト、大型のエアインテークを備えるバンパーの一部などが確認できる。またクーペスタイルのルーフライン、従来のSUVより比較的低い最低地上高などが見てとれることから、典型的なSUVというよりはクロスオーバー要素を加えたパフォーマンス指向のハイライディングスポーツカーと予想される。

リヤエンドは鋭いシルエットを持ち、バンパー両端からはデュアルエキゾーストパイプが出ているほか、パイプ下にはディフューザーが装備されている。キャビン内では、トリムを備えるステアリングホイール、デジタルインストルメントクラスタ、円形レジスターなどが確認できる。

フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、最高出力818ps、最大トルク740Nmを発揮する『296GTB』のV型6気筒ツインターボPHEVが流用されるほか、V型8気筒は『SF90 Stradale』のハイブリットが供給されると噂されている。そしてフラッグシップモデルのV型12気筒バージョンでは最高出力800psを発揮、全輪駆動、車高調整機能付きサスペンションなどを装備し、世界最速のハイライディングモデルの1台となるだろう。

フェラーリ初となるクロスオーバーの登場は2022年内と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ GRスープラ、ついに6速MTを搭載? 直6「S58」エンジンのみ設定か
  2. ミラー交換型、2カメラドラレコが新登場…デジタルバックミラー機能搭載
  3. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  4. 『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選
  5. 【VW ティグアン 4000km試乗】持て余すほどの高性能を、価値と見るか無駄と見るか[前編]
  6. キャデラック エスカレード に高性能モデル「V」、写真公開
  7. ジープ、電動モデルのみを販売へ…2022年内に欧州主要国で
  8. 三菱自動車の加藤社長「当面EVで利益を出せるのは高級車と小型車の2種類」[新聞ウォッチ]
  9. 東日本エリアのSA・PA、進化が止まらない!…トラックドライバーが利用しやすい設備も
  10. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
ランキングをもっと見る