ロールスロイス初のEV『スペクター』、プロトタイプ写真を公開[詳細写真]

ロールスロイス・スペクター のプロトタイプ
ロールスロイス・スペクター のプロトタイプ全 20 枚

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は7月28日、2023年に市販予定のブランド初のEV『スペクター』の最新プロトタイプの写真を公開した。スペクターは、大型ボディの2ドアクーペEVとなる。

スペクターは現在、南フランスのフレンチリビエラ地域において、走行テストに取り組んでいる。延べ250万kmにおよぶテストプログラムのうち、62万5000kmをフレンチリビエラ地域行う予定だ。すでに、市販に向けての開発テストの40%が終了したという。

ロールスロイス伝統のフードマスコットが、「スピリット・オブ・エクスタシー」だ。ロールスロイスはブランド初の量産EVのスペクターのボンネットを飾るために、スピリット・オブ・エクスタシーのデザインを変更。女性の像はより低く、よりダイナミックに変更された。新しいスピリット・オブ・エクスタシーは、ブランド初の量産EVのスペクターの優れた空力特性に貢献しているという。スペクターの初期プロトタイプの前面空気抵抗を示すCd値は0.25。ロールスロイス史上、最もエアロダイナミクス性能の高い市販モデルになるという。

また、スペクターには、独自のスマートサスペンションシステムを搭載する。バッテリーパックを車体構造に組み込むことにより、剛性を30%向上させる。これにより、スペクターはロールスロイス史上、最も高剛性な市販モデルになるという。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 新型車記事ランキング、1位は次期型ハイエース、市販の上位は? 2022年上期
  2. 映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催
  3. 「サーファーにもぴったり!」サーフ系Youtuber「KANAN」が、三菱『アウトランダー PHEV』で夏をさすらうPR
  4. 純正スピーカーのままで音を良くするには?[スピーカーの鳴らし方・大研究]
  5. 【スバル レヴォーグ STI スポーツR 新型試乗】最上級の2.4Lは、その真価を発揮できるのか…中村孝仁
  6. プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ
  7. 『ハイエース』19年ぶりのモデルチェンジへ! キャブオーバーは継承、200系との併売も?
  8. ポルシェ『718ボクスター』最強モデルのルーフがついに開いた!浮かぶ「ヴァイザッハ」の文字
  9. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  10. 年内登場か?最強の『GLC』、メルセデスAMG「GLC 63クーペ」内外装をスクープ
ランキングをもっと見る