ランボルギーニ 『ウルス』改良新型、パイクスピーク最速SUVに

ランボルギーニ ・ウルス 改良新型のプロトタイプ
ランボルギーニ ・ウルス 改良新型のプロトタイプ全 3 枚

ランボルギーニは8月10日、改良新型『ウルス』(Lamborghini Urus)が8月中旬の初公開に先駆けて、米国コロラド州の「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」のコースでプロトタイプによるタイム計測を行い、SUV最速タイムを記録した、と発表した。

ピレリのテストドライバーで、2018年のパイクスピークで後輪駆動車の最速記録を打ち立てたシモーネ・ファッジョリ氏が、車体にカモフラージュを施した改良新型ウルスをドライブ。パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの公式タイムキーパーが計測を行った。その結果、改良新型ウルスは、ベントレー『ベンテイガ』が2018年に計測した 10分49秒902を上回る10分32秒064で駆け上がり、SUVの最速記録を打ち立てている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 純正アクセサリーでも大幅進化! ホンダアクセスの“ハイグレードスピーカーシステム”は予想以上の高コスパサウンド!PR
  2. ナップス社長「日本のオートバイ文化を守りたい」…新ブランドと新プロジェクトを立ち上げ
  3. “芸コマ”なハコスカに痺れる! ホットウィール新作、10月16日開催「レジェンドツアー」にも大注目PR
  4. 「EVトライク」で都市や観光地の移動を変える…両備テクノモビリティーが開発、商品化
  5. ボックスアートが懐エモい!「マッチボックス」に完売必至の日本車アソート登場PR
  6. 日産『GT-R』次期型登場は2027年までお預け!? 来秋に現行最後の大改良か
  7. 日産『マキシマ』、セダンの形のスポーツカー…2023年型が登場[詳細写真]
  8. アルピーヌ A110 に「R」、0-100km/h加速3.9秒で最高速285km/h 10月4日発表
  9. 長い納期ランキング…トヨタ・ハリアーは18か月、輸入車は1年以上がザラ?
  10. 3次元&リアルで75社…全日本模型ホビーショー2022[フォトレポート]
ランキングをもっと見る