【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)

【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)
【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)全 7 枚

レポートタイトル

国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)

調査概要

目的:本レポートは、国内外主要OEMの電動化をメインに整理した。これまであまりフォーカスしてこなかった「商用車」と「FCV」についても触れることで、乗用車と商用車の領域の電動化(BEV/FCV動向)の整理・分析を行った。

調査対象:日系、ドイツ系、米国系、アジア系の各リージョン・分類において販売台数が多く、かつ電動化やカーボンニュートラル等に関して具体的に取り組み、世界規模で事業展開を行っている以下のOEM、サプライヤーを対象とした。

(日系)
トヨタ自動車

本田技研工業
日産自動車


(ドイツ系)
フォルクスワーゲングループ
ダイムラー
BMW


(米国系)
GM(ゼネラルモーターズ)
フォード
ステランティス


(アジア系)
現代自動車

発刊日

2022年8月31日

ページ数

PDFファイルA4全23ページ

販売価格

165,000円(税込)※プレミアム会員は無料

調査結果サマリー

■カーボンニュートラルに関する各社目標

日本では、2020年10月に「2050年カーボンニュートラル宣言」が発表されて以降、脱炭素社会の実現に向けて、具体的な取り組みが企業に求められている。こうした企業の気候変動対策への取り組みは世界中で加速している。

本レポートのエグゼクティブサマリでは、各社自動車メーカーがカーボンニュートラルに関して発表している内容を整理し、それぞれが目指している方向性をまとめた。

【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)


【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)

商用車」と「FCV」分野における各社ごとの特徴

各自動車メーカーごとに商用車とFCVの項目に分けて、これまでの取り組みや製品の開発状況、他社との提携関係といった情報をまとめた。

【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)


【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)


【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)

■目次

レポートの目次は以下となります。

【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)【調査レポート】 国内外主要OEMの電動化調査(商用車/FCV編)


調査レポートのダウンロードおよび購入

プレミアム会員は以下から、調査レポートのダウンロードが可能です。
無料会員・シルバー会員につきましては購入が可能です。

《保知 明美》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  5. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  8. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. 【週末ニュースランキング】スクープと名車とキャンピングカー
ランキングをもっと見る